何年も使っていないものはこの先も使わない

「いつか使うかもしれない」という考えのもと、取り敢えずなんでもとっておく人は多くいます。しかし、実際その「いつか」がおとずれたことはあるでしょうか?何年も使っていなければ、そのものを持っていることすら忘れてしまうパターンが大半でしょう。引越しの際に収納の奥から引っ張り出した荷物を、「いつか使うかも」とまたしまい込んでは、いつまでたっても荷物は減りません。何年も使っていないものはこの先も使うことはないでしょう。ぜひ、引越しを機に思い切って捨ててしまうことをおすすめします。

生活に最低限必要なものは何か考える

世の中にはたくさんのものがあります。その中には、持っていれば生活が便利で豊かになるものも多数あります。生活を充実させるためには、そういった便利なアイテムをある程度持つことも必要でしょう。しかし、便利だからといってあれもこれもと持っていては、荷物は無限に増え続けていきます。引越しの機会に1度、自分の生活に最低限必要なものは何か、じっくり考えてみるのも大切です。便利なものが必ずしも自分の生活に必須であるとは限りません。

ものを多く持つことで被るデメリットを意識する

ものを多く持つとできることの幅は広がります。しかし、メリットだけではなく、必ずデメリットも伴うことを意識しましょう。例えば、多くのものを収納するスペースが必要になります。持ち物によっては、状態を維持するための費用がかかります。引越しに関して言えば、多数の持ち物を運ぶために高い費用がかさみます。多くの持ち物を入れられる物件を選ぶ必要が生じます。多くの荷物は生活を豊かにすると同時に、生活を圧迫することもあります。引越しは自分の荷物の内容を見直す良いタイミングととらえ、不用なものを見極めましょう。

引っ越しやお片付けをすると使わない物や要らない物が出てきます。業者さんに不用品の回収をしてもらうと時間も手間も軽減できます。