新入社員研修で新入社員がスムーズに就業ができる

新入社員研修は多くの企業が取り入れている社員研修の一つです。初めて社会に出て働く新入社員が会社のことや規則について知るとても重要な機会になります。社会人としてのマナーや自覚を持つことで、スムーズに実際の業務に入ることができるきっかけにもなっているのです。新入社員研修の内容としては、名刺交換や挨拶などのビジネスの基本練習から、チームでしていくコミュニケーションを実践を交えて行います。業務に入ってからも使う内容なので無駄になることはありません。

コンプライアンス研修で法令遵守

個人情報を扱う部署など、コンプライアンスを遵守して業務を行っていかなければならない企業が増えています。一社員の意識の低さによって、企業全体のダメージになることもあるのです。それらを未然に防ぐためには、コンプライアンスを守る風土を企業内で培っていかなければなりません。コンプラインス研修では、実際の事例などを取り上げて守れなかった時にどうなるのかなどを学びます。メールや文書だけでは伝わりにくい内容ですが、研修をすることで理解することができるのです。

マネージャー研修で部下を育てる

今までマネージメント経験がなかった社員が急にマネージャーとして活躍するのは難しいです。マネージメント研修では、マネージャーとしての心構えだけでなく、部下をどう指導していくのか、業務を改善する方法など多岐に渡る項目が実施されます。実際の部下指導で出てくるような悩みを研修に落とし込むことで、いざ問題が発生した時でもスムーズな解決が可能です。

新人研修以上にその上司であるところの管理職の育成は会社にとって必要不可欠な事案です。管理職研修には本人のスキルアップのみならず部署全体のモチベーションを上げる効果を期待できるものが望まれます。