目立たないように活動するウイルスも存在する

パソコンがウイルスに感染したときの挙動はいろいろあります。必ずしも感染したと一目瞭然でわかる状態になるとは限りません。たとえば、パソコンにバックドアと呼ばれるソフト上の穴を開けてデータを勝手に第三者に送信するタイプのウイルスは、バックドアを開けたことをパソコンの持ち主に知られてしまうと対策されてデータを奪えなくなるので、感染時に特別な表示を出すといったことは一切ありません。ただ、パソコンにセキュリティソフトをインストールしている場合、バックドアを開けるタイプのウイルスであっても基本的には検出可能です。

セキュリティソフトで駆除しても安心できない

では、会社で利用しているパソコンがウイルスに感染していることがわかった場合、どのような対処を取ればいいのでしょうか。セキュリティソフトにウイルスを駆除する機能が備わっていた場合、発見されたウイルスは無害化される可能性が高いです。しかし、駆除されたから安心だと考えてそのまま使い続けるのは避けた方がいいでしょう。というのは、発見されたウイルス以外に未知のウイルスが入り込んでいる可能性があるからです。

もっとも安全な対応はハードディスクの初期化

ウイルスに感染するような状態に置かれていたということは、脆弱性のあるソフトを使っていたなど外部からの攻撃に対して無防備であった可能性が高く、感染しているウイルスは一つだけとは限りません。したがってハードディスクをフォーマットし、一から環境を作り直した方が安心です。もちろん、ハードディスクを初期化する際はパソコンに保存されている業務関連の重要なデータを必ずバックアップをしておきましょう。

BTOパソコンは自分でパソコンのパーツを自由自在に選ぶことができるので、メーカーのパソコンよりも選ぶ楽しさをより多く味わうことができます。