長文コンテンツと被リンクは今でもSEOとして有効

SEOで特に効果があるといわれているのができるだけ長い文章を書くことと、同じテーマで運営している複数のサイトにリンクを張ってもらうことです。長い文章ならなんでもいいというわけではなく、文章のテーマに沿った言葉がいろいろと含まれていなければなりません。

以前、ワードサラダと呼ばれる検索サイトを騙す手法が存在していました。ほかのサイトから取得したRSSなどを組み合わせて、それをコンテンツとして表示するというものです。人間から見るといろんな文章が入り組んでいて意味が通りませんが、検索サイトは深い内容のコンテンツと誤認してしまい、高く評価したのです。
しかし、現在の検索サイトにはワードサラダは通用せず、きちんと意味が通っており、かつ、適切なキーワードがたくさん含まれている文章をオリジナリティのあるものと評価するようになっています。

医療をテーマにしたサイトは専門家が必要

ただ、きちんとした長文を書いてもなかなかSEOの効果が上がらないテーマもあります。たとえば医療に関することです。なぜ単に長文を書いただけでは評価されないのかというと、専門性が重視されるからです。たとえば、医療サイトを作成しているのが会社員や主婦といった素人の場合、文章はしっかりしていたとしても、内容が正しいかどうかは検索サイトには判別できません。ひょっとしたらまったく正しくないことが書かれている可能性もあります。実際、素人が医療に関して適当な記事を書き、それが検索サイトに評価されて上位に表示され、大問題になったケースがありました。
そういったことが起きないよう、現在は医者などの専門家が自分で書くか、もしくは監修したサイトが上位に表示されるようになっています。

ホームページ作成とSEOは切っても切れない関係と考えられます。ホームページを検索の上位に表示させるためには、SEO対策が必須だからです。