自営業の開業はルールに沿って

自営業は文字通りの自営ですので、周りがなんと言おうと自分が自営業としてお金を稼げれば自営業です。しかし、世の中のルールに沿って開業しないといけない場合もあります。医師や弁護士などの資格が必要な仕事はもちろんのこと、飲食や美容なら保健所などへの届け出が必要ですし、業種ごとの法令に従って届け出をしないと開業自体できないことがあります。

ライターやイラストレーターなどは資格も届け出も不要ですが、最低限として税務署への開業届は必要です。株式会社などの法人を設立すれば、同時に様々な手続きが済みますが、事業をする個人として登録するのが税務署への開業届です。そこで自分で事業を行い、その分は一定のルールに従って税務申告をするという約束をします。資本金も事務所も不要ですが、業種によっては個人でも一定の地方事業税がかかってきます。イメージとしては、開業届の提出で、事業を行う別の自分がアバターのようにできると思ってください。屋号はなくても構いません。

あとは稼いで、それで生活していくだけ

自営業として開業すれば、あとは売上を立て、経費を引いてそれで生計を立てるだけです。ほかにパートタイムなどの仕事をして、給料を貰っても一向に差し支えありませんが、フルタイムの勤務をしているとそれが本業で、自営の仕事は本業扱いされない場合もあります。そうするとその勤務先との関係や、税務申告の関係で不利を受けたりすることもあります。副業か本業かはよく考えて、相談してから始めてください。

自営だと一人でできないと余計なコストがかかりますので、クラウド会計サービスなどを利用して、税務申告なども自分で正確にできるようになればとても楽になります。

個人・法人が本部企業と契約を結び店舗などを経営するビジネスを「フランチャイズ」と言います。本部企業のブランド力や経営ノウハウなどを活用して経営できる為、未経験でも参入できるという強みがあります。