操作が簡単なクラウド型のレコーダーも要チェック

従業員の勤怠を含めた管理を徹底して行いたい場合には、様々な種類のタイムレコーダーの機能に注目をすることが大切です。最近では、スマホやノートパソコンで簡単に操作が可能なクラウド型のタイムレコーダーも登場しており、従業員数が多い企業を中心に導入が進んでいます。こうしたタイムレコーダーは、月単位で契約ができるものや、情報処理のスキルが無い人も扱えるものも続々と登場しており、今や業種や事業内容にかかわらず様々な企業の担当者の間でニーズが高まっています。そうした中、大画面で出社時間や休憩時間、退社時間といった基本的なデータを把握できるタイムレコーダーを選びたい場合には、時間を掛けて法人向けのレコーダーの資料に目を通したり、ライバル企業の導入事例を参考にしたりすると良いでしょう。

給与計算の機能が付いたものは人件費の節約に繋がる

数あるタイムレコーダーの中でも、単に勤怠管理が行えるだけでなく、給与計算の機能まで付いているものは、経理担当者の数が少ない企業にとって頼れるツールとして位置づけられるようになっています。こうしたツールを上手く使い続けることで、将来的に経理部門や人事部門の人件費の節約に繋がることもあり、企業経営の観点からも注目度が高まっています。一般的に、給与計算の機能が搭載されている高性能のタイムレコーダーを導入する場合は、従来型のものと比べて費用が高くなることもあるため、複数社の見積もりを取って慎重に製品選びをすることがポイントです。

タイムレコーダーをレンタルで提供するサービスも存在します。レンタルのため、初期費用やメンテナンスなどの負担が少ないという部分が特徴です。